食事制限をしても痩せないのはなぜ?

食べる量を減らしているのに・・・

今現在、ダイエットをしている方はとても多いと思いますが、ほとんどの方が激しい運動をすることよりも食事制限をすることによって摂取カロリーを減らして痩せようとしていると思います。


これはもちろん正しい行動だと思います。


はっきりいって運動によって消費されるカロリーは、苦痛の割には大したことはないですからね。


できるだけ早く痩せたいと思うのであれば、摂取カロリーを減らした方がいいのは当然です。


しかし、こんな当たり前のことなのに、どういうわけか食べる量をかなり減らしているのに全然体重が減らないということがあるのです。


私の一時期、しっかりとカロリー制限をしているにも関わらず全く体重が減らなくなったことがありました。


その時の経験から、きっと同じような方も多いと思いますので、もし当てはまるようであれば改善してみて頂ければと思います。

痩せない方の特徴は?

食事制限をしっかりとしているのに痩せにくいという方は、結果から言ってしまうと、単純に消費カロリーが少ないのです。


これは意外と気が付かないのですが、私たちの体は年齢と共に基礎代謝が落ちていきますね。


そのため、何も変わっていないつもりでも自然と消費カロリーは落ちていくわけです。


そうなると、以前は痩せたという経験から同じダイエット方法をやってみても、消費カロリーが減っているわけなので、痩せにくくなって当然なんですね。


でも、自分が消費カロリーが多いかどうかなんてすぐにわかりませんよね?


そこで、痩せにくい体になってしまっている方に共通する特徴を挙げてみたいと思います。


過去に何度もダイエットを繰り返している

これは一番良くあるパターンかと思いますが、過去に何度となくダイエットを繰り返し行って、なんとか体重を理想の状態に保っているというタイプの方ですね。


このタイプの方は、ダイエットを実施するたびに筋肉量が減ってしまうために、基礎代謝が減って消費カロリーが減ってしまっているのです。


具体的にいうと、3年前にダイエットを実施したときには基礎代謝が1800kcalに対して、摂取カロリーを1500kcalに抑えたことで特に運動などをせずに 痩せることができたのですが、今年に入ってまた太ってしまったので同じように1500kcalに食事制限してみたのに全然痩せないというようになってしまっている方です。


あえて書きませんでしたが、お分かりの通り今年の基礎代謝が単純に1500kcalを割ってしまっているのですね。これは食事制限が中心のダイエットによって筋肉量が徐々に減ってしまっていることに気が付いていないのです。


体重の割に体脂肪率が高い

これも先ほどの繰り返しダイエットをしている方に多い特徴なのですが、例えば身長が160cmで体重55kgくらいだと一般的にはそこまで太っているというほどの体型ではないですよね。


それなのに体脂肪率を測定してみると30%を超えていたりするのです。私がまさにこのタイプで、先ほどの体重と体脂肪率は実際の私の数値です。


運動もしているが有酸素運動だけ

これも意外と当てはまる方が多いと思いますが、食事制限に加えてジョギングなどの運動も定期的にやっているのに全然痩せない という方ですね。


これも単純な話で、基礎代謝+運動による消費カロリー < 摂取カロリー となってしまっているだけですね。


基本的に痩せやすい体を作るには筋肉の量を増やすことが大切です。しかも、有酸素運動ではなくて無酸素運動によってつく筋肉が必要なんです。


つまり、筋トレなどによってつく筋肉というのは基礎代謝を挙げてくれるので、特に何もしていないけど太らないという理想的な身体を作ってくれます。


それに対して、ジョギングなどは筋肉自体はそれほど付かないために運動をした時の一時的なカロリー消費になるので、3日に1回ジョギングをしているのであれば3日に1回だけ消費カロリーの方が多くなり、他の日は摂取カロリーの方が多くなってしまっているという残念な結果になっている可能性があるわけです。

食事制限をして痩せやすい体を作るには

ここまでの説明で、食事制限をしても痩せないという方は、基礎代謝と運動などを足した合計の消費カロリーが少ないことが原因となっていることが多い訳です。


そのため、しっかりと痩せることができる体を作るためには


筋肉量を増やして基礎代謝を上げる

ということがとても大切です。


そのために必要なのは、


  • 筋トレなどの無酸素運動をする
  • たんぱく質をしっかりと摂る

ことが重要になってきます。


筋トレと聞くとあまり経験のない方は、ムキムキになって今よりも太くなってしまうんじゃないかと思ってしまうかもしれませんが、20〜30回くらいできるような軽い負荷でやるのが基本ですから、体が引き締まる程度でいわゆるマッチョ体型になることはありません。


そしていくら筋トレをしても筋肉を作るための栄養素を摂らなければ筋肉量は増えません。


これが意外と難しいところなのですが、食制限をしているため、たんぱく質をたくさん取るのが難しい、しっかりと摂ろうとするとどうしても卵や肉などの高カロリーのものを食べる必要があるという矛盾がでてくるんですよね。


つまり、ある程度筋肉をつけて痩せやすい体をつくるためには、必要なものは最低限食べる必要があるのです。


もちろん、間食で必要以上にカロリーの高い甘いものなどを摂ってはいけませんが、完全になくしてしまうと一時的には痩せるかもしれませんが、そのようなやり方でダイエットを続けていくうちに痩せることができなくなってくるのです。


そんな悪循環な体を作らないようにするためにも、食事制限というよりはカロリーをコントロールしながらも肉や卵などは摂り入れ、過剰に摂ってしまったカロリーを削るために運動をするというのがベストなのです。


理想的な体になりたくて頑張って体重は減ったけど、筋肉がないためしまりがなく、しかも太りやすいというおかしな体にならないように、食べながら痩せるようにすることが大切です。

TOPページ
人気のダイエットサプリキュートミーの効果は2つの成分が決め手!