ダイエット中の空腹時におすすめの食べ物や飲み物

お腹がすいて耐えられない!

ダイエットを効果的に行うためにはどうしても食事制限が必要になってきます。


でも、今まで摂取していたカロリーを減らすと、体は常に補給されていたエネルギー量が減るために、「燃料が足りない!」と感じてしまって空腹感を与えることでもっと栄養を補給するように求めてくるのです。


そのため、ダイエット中はどうしても空腹と闘わなくてはいけません。


多くの方が空腹を我慢しきれずにダイエットの失敗を経験していることだと思いますが、一番よくないのは「我慢できるかできないか」という2択で考えてしまうことだと思います。


とても忍耐力が強くて、食事や間食などをしっかりと我慢できる方なら問題ないのですが、大体の方は完璧に食欲をコントロールすることは難しいでしょう。


そして、せっかく1ヶ月以上も我慢してきたのに、我慢できるかできないかという2択で考えているために、いったん食べ始めてしまうと、もう止めることができずにリバウンドまで突っ走ってしまうわけです。


そのため、ダイエット中に必要なのは我慢強さではなく、ほどよく息抜きをしていくことだと思うのです。


どのようにするかというと、まずは「我慢する or しない」というゼロかイチで考えずに、「少しだけ食べる」というグレーな部分を取り入れるのです。


勘違いしてはいけないのは、ダイエットというのは食べないことではなくてカロリー制限をすることです。


そのため、うまく食べた気になるものを口に入れて空腹感をごまかすことが大切なのです。


どんなことにも言えることですが、精神力勝負のものは長期的に続けることは難しいです。


継続の秘訣は「ほどほどに実施」して「継続すること」で「習慣とする」ことによって、忍耐力を使わなくても続けることができるようになることなのです。


そこで、私が実践している空腹の我慢の仕方を紹介しましょう。

香りのよい飲み物で満足感を演出

これは以前に私が実施していたもので、昼食は特に果物1個程度という軽めのダイエット実施時にやってていた空腹の我慢方法です。


それまでは、食事の間のおやつ的なものもちょこちょこ食べていましたから、特に朝食から昼までの間の空腹感が一番つらいかったですね。


なので、その空腹感を紛らわせるために、飲み物はOKということにしています。


もちろん、糖分を含んだり、カロリーの高いものはNG。


個人的におススメなのは砂糖抜きの紅茶や緑茶、コーヒーなどがです。


大切なのは香りのいいものです。


味や甘みが少なくても、香りの引き立つものであれば不思議とおいしく感じるもので、心の満足によって空腹感がまぎれるのです。


ポリフェノールなども含まれてるので、アンチエイジングだとか、認知症予防だとかにも良いので、一石二鳥かな?と思いつつ頑張っていました。


慣れてくるとジャスミン茶やプーアル茶、甜茶などバリエーションも広がって、今日は何にしようかな?と選ぶのも楽しいです♪


やはり我慢しすぎるのは一番良くないようなので、ちょっとした楽しみを見つけ、長く続けられるのが一番だと思います。


慣れてきて少し胃が小さくなってきたのか、特に空腹も感じなくなりました。


お菓子などを合わせてちょっと食べるののいいですが、カロリーの少ないもの、できればダイエット用の甘味料などを使ったものがいいでしょう。

実はおすすめなのがチョコレート

そして、これはダイエット初期の頃に実施していた方法ですが、空腹を感じたら、我慢せずに何かを一口、口に放りこむのです。


例えば、その場にパンしかなかったとしたら、パンはカロリーが高い食品だからと躊躇せずに、一切れだけゆっくりと噛みながら食べるので


す。

カロリーの高めの品や炭水化物の品を食べる前には、牛乳でもコーヒーでもお茶でも炭酸水でも良いので、水分を口に入れてから時間をかけて一切れを食べると、水分のお陰で腹持ちがよくなります。


ここでも先ほど飲み物のところで香りのいいものを選ぶと言ったように、香りや味によって精神的な満足感が得られるものがベストです。


私がおすすめなのはチョコレートです。


ダイエット中にチョコレートは良くないんじゃない?と思うかもしれませんが、食べ過ぎなければそれほどカロリーも高くないので問題ありません。


一般的に売られている甘いチョコレートではなくて、カカオがたくさんはいったビターなチョコレートです。


量は1粒だけ!これは絶対に守りましょう。


どんなチョコがいいかというと、カカオ90%などのビターなものです。


これなら香りがとてもいいので、体はしっかりとチョコレートを食べたと感じて1粒程度でもちゃんと満足してくれます。


おやつが無いと耐えられない!というタイプの方にはおすすめです。


ただ、気を付けなければならないのは高カカオチョコレートと言われるビターなものは、実は一般的なチョコレートよりも高カロリーであるので食べ過ぎは逆効果だということです。


あくまでも、香りや風味によって少量でも精神的に満足することが目的だということです。


ごく普通の低カロリーチョコレートなどですと、おいしさが感じにくいので逆に食べ過ぎて効果カロリーになってしまうことがあるので不向きだと思います。


このように、飲み物にしても食べ物にしても、心の満足感を重視することで、うまく空腹を紛らわすことが大切です。

TOPページ
人気のダイエットサプリキュートミーの効果は2つの成分が決め手!