食べたものをなかったことにするサプリがおすすめ!

実家への帰省で体重が急増

社会人になって1年間だけでしたが、実家から遠いところでの研修だったため、一人暮らしをしました。


それまでは実家からでたことが無く、一人で働きながら家事をこなすのが思ったより大変で、ご飯もつくるのも面倒くさかったため、夜抜くことも多く、半年間で3キロくらい痩せました。


仕事もIT関係の仕事で残業も多く、納期に追われて、ご飯を食べる時間もないこともしばしば。


そんな生活を送っているうちに、1年間で7キロ痩せました。


スーツのサイズも13号から9号に、服のサイズもMからSになって、今まできれなかった服を着ることができてオシャレすることが楽しくてたくさん服を買いました。


しかし、2年目になると部署移動になり、実家からの方が近かったため、一人暮らしを辞めて実家に戻りました。


実家に戻ると母のご飯がとてもおいしくて、食欲も止まらなくて、3ヶ月で7キロくらい太ってしまったのです。


スーツのサイズも9号から13号に、服のサイズもSからMにみごとにリバウンドしてしまったのです。


沢山買った服も、新しいスーツもきれなくなってしまったため、このままだと服がもったいない!痩せなきゃ!と思ってダイエットをスタートしました。

摂取カロリーを減らして遅い時間には食べないこと

私が実践したダイエット方法は以下の通りです。


1つ目は「炭水化物抜きダイエット」です。


とにかく徹底的に炭水化物を抜くように心がけました。朝・昼・夜はおかずだけを食べるようにして、おかずの味付けもごはんが進まないように薄い味つけにしていました。


2つ目は「野菜中心」にすることです。


脂っこいモノや揚げ物のような白米を食べたくなってしまうものは避けて、野菜中心の生活に切り替えました。


最初のうちは少しはいいかと思って、お肉やお魚も食べていたのですが、どうしても白いご飯が食べたくなってしまうので、野菜スープや野菜炒めなどに切り替えて食べていました。


3つ目は「遅い時間に食べない」ことです。


夜8時以降は食べないというのをルールにしました。


以前の職場の時は忙しくて不規則な生活を送っていましたが、今は定時に帰れるので家に帰ったらすぐ食べて、食事から寝るまでに3時間以上は空けるようにしました。

食べることが好きな方はなかったことにするサプリがおすすめ

3つのダイエットに試みましたが、実践できたのは2週間位ですぐに挫折してしまいました。


1つ目の「炭水化物抜きダイエット」は、3日で1キロ、一週間で2キロくらい落ちました。


でも私は、もともと白米が大好きなので白米を抜くことは私にとってものすごいストレスでした。


2つ目の「野菜中心ダイエット」は、野菜だけだと満足感が無く、ついつい食べ過ぎてしまいました。また野菜は消化に良いので、すぐお腹が空くため辛かったです。


3つ目の「遅い時間に食べないダイエット」は無理でした。飲み会や友達とごはんなど食べないわけにはいかず、すぐ挫折してしましました。


炭水化物を抜いてせっかく痩せても、ちょっと食べると1日でもとに戻ってしまうどころか少しずつ体重は増えていきました。


こんな状態を繰り返し、ストレスだけ溜まり、普通の食事に戻した途端、どんどん体重が増えていきました。


結局もともとの体重よりも増えてしまいました。


やはり、食事制限だけでダイエットするのは、難しいなと思いました。


適度な食事制限と適度な運動をして、筋肉を付けて、太りにくい体質を作ることが先決だと思いました。


さらに、現在太ってしまってダイエットに挑戦しようとしている方は、必ず食事面に問題があるわけです。そうでなければ太らないですからね。


簡単に言えば、食べることが好きな方が多いはずです。だからこそ、食べないという方法を安易に選択すると失敗やリバウンドの確率が上がってしまいます。


そこで、ダイエット中であってもやっぱり食べることは息抜きとして実施して、その時には食事や高カロリーのものをなかったことにするタイプのダイエットサプリなんかがいいと思いました。


もちろん、サプリを飲んだからといってたくさん食べすぎないように注意しながら、ストレスを発散させる目的で取り入れていくといいと思います。

TOPページ
人気のダイエットサプリキュートミーの効果は2つの成分が決め手!