ダイエット中にあえて誘惑に負ける日を作ろう!

思い入れのある洋服が着れない!

私がダイエットを始めようと思い立ったのは、タンスにしまい込んでいた洋服の整理をしようとしたときのことです。


少しウエストがきついと感じたジーンズやスカートがいつのまにか多くなっていることに気付いたのです。


それらを着てみると、辛うじてチャックは締めれるけれど、ボタンがはまりませんでした。


はまったとしても椅子に座ると、はち切れんばかりの状態になりました。


数年前までは、ボタンをしてもまだ全然余裕があったのに、今ではこんな状態に・・・とてもショックでした。


年を取れば、体型が変わるのは当たり前ですが、それにしたって履けなくなっている服が多すぎたのです。


なので、私は痩せようと決心しました。そして、履けなくなった服を余裕で着れるような体型になるまで絶対に痩せてやろうと思いました。

スムージーダイエットに挑戦!

私が数ある中から選んだダイエット方法は、水や牛乳などで混ぜる粉状のグリーンスムージーの置き換えダイエットです。


最初の3日間は、朝と夕の1日2食をグリーンスムージーに置き換え、その後は朝食か夕食のどちらかの1日1食に置き換える方法を選びました。


グリーンスムージーを選んだ理由は、健康的に簡単に無理なく、ダイエットが出来るからと考えたからです。グリーンスムージーには、様々な野菜や果物などの栄養が含まれている為、必要最低限の栄養を摂取できるのではないかと思いました。


そして、1食のカロリーは30kcal程度で抑えられるので、確実に以前よりは摂取カロリーを減らすことが出来ると思いました。また、心配だったのは空腹になるのではないかということでした。


そのため、グリーンスムージーを作ってすぐに飲むのではなく、少し時間を置くことでより粘度が高まり、腹持ちが良くなると表示があったので、それを試すことにしました。

誘惑に負けてもいい日を作ろう!

実施した期間は1ヶ月です。最初の3日間(1日2食の置き換え)で、2kg程体重が減りました。


しかし、その後1日1食(朝や夕のどちらか)にしてからは、思うほど体重が減ることはありませんでした。


その原因としては、2つあります。


まず、1つ目は、思うほど腹持ちしなかったという点です。


粉状のグリーンスムージーを水で混ぜ、少し時間を置いて粘度が増すのを待ってから、飲むようにしていましたが、3時間ほど経つとお腹が空いてしまいました。


朝は、それでもお昼まで我慢すれば良いのですが、仕事中に静まり返った職場でお腹がなってしまうという失態をしてしまってからは、朝食に置き換えることをやめるようにしました。


2つ目は、美味しそうな夕食やお酒のつまみの誘惑に負けてしまったことです。


やはり、家族が美味しそうな食事をしていたり、お酒につまみと楽しくやっているところに一人でグリーンスムージーだけでは、物足りなくなります。


3時間程しか腹持ちもしないので、寝る頃にはお腹が空いてしまいます。結局、週末は普通に夕食を食べてしまったり、つまみを食べたりでリバウンドしてしまう結果に終わってしまいました。


実際に、置き換えダイエットをしてみて思ったことは、これは短期間でやる方法ではないということと、痩せるという強い意志を持って取り組まなければいけないということでした。


いくら簡単な方法でも、実施する本人の意思ややり方に問題があれば、効果など出ないのですから。


また、人によって合う合わないというのはあると思うのですが、徹底的に我慢して、我慢の糸が途切れたときがダイエット終了というやり方をせず、週に1度くらいはダイエットサプリなどでカロリーをできるだけ押させるようにしながら、多少はダイエットの休息期間を作ってストレスをうまく吐き出しながら、長期的に続けることが重要だと感じました。

TOPページ
人気のダイエットサプリキュートミーの効果は2つの成分が決め手!